お問い合わせ
お問い合わせ

信州大学医学部附属病院外来診療棟

2009年竣工

コンセプト

本施設は、3層吹抜けのエントランスホールを中心に、東・西に各外来診療科を配置し、視認性の高い計画とし、患者さんとスタッフの動線を分離すると共に、グルーピングした診療科毎にブロック受付を設け、利便性が高く、分かりやすい計画としています。
エントランスホールや待合ゾーンには医療ガス設備、医療電源を設け、災害時のトリアージスペースとして十分に機能する計画としています。
上部構造は大スパン架構に適応させ、柱SRC造、梁S造の混合構とした基礎免震建物としています。免震装置は、鉛プラグ入り積層ゴム支承、天然ゴム支承、弾性滑り支承をバランス良く配置し、地震時応答の低減を図っています。

施設概要

建築主 信州大学
所在地 長野県松本市
主要用途 大学病院
敷地面積 226,541㎡
延床面積 16,026㎡
構造 SRC造(免震構造)
階数 地上5階、地下1階
その他 撮影 三輪晃久写真研究所

関連するプロジェクト

設計実績一覧