お問い合わせ
お問い合わせ

信州大学国際科学イノベーションセンター

2015年竣工

コンセプト

本施設は、日本有数のアクア・イノベーション研究拠点となるべく、その研究に相応しい環境配慮型の研究施設として計画しました。建物は30m×30mの柱無空間を持ち、1階エントランスホール、2階展示ホール、3階以上が研究オフィス、その他の実験空間にて構成されています。2層吹抜けのエントランスホールのほか、各階に信州の山々が眺望できるコミュニケーションルームを設け、研究者たちの憩いの場を創出しました。
外観は、南北面の4層のダブルスキンカーテンウォールと、木質およびアルミ製の2種類のルーバー、最大の特徴となる太陽光発電パネルにて覆われています。太陽光発電パネルは外皮ルーバー、カーテンウォール、屋上の機械置場上部にも組み込まれ、全体で450kwの発電量を確保しています。その他環境配慮として、燃料電池、地中熱利用、自然換気などを行い、環境配慮型施設としてCASBEE Sランクを実現しました。

施設概要

建築主 信州大学
所在地 長野県長野市
主要用途 大学
敷地面積 83,318㎡
延床面積 10,374㎡
構造 S造
階数 地上7階、地下1階

関連するプロジェクト

設計実績一覧