お問い合わせ
お問い合わせ

千葉大学(亥鼻)総合研究棟

2003年竣工

コンセプト

昭和30年代初頭に建設された看護学科の建物を耐震補強と合わせて、総合研究棟として全面的なリニューアル計画としました。
耐震補強は内部の補強ブレースと増設壁によりおこない、廊下には配管スペースを増設し、研究棟の機能に対応する計画としました。外装は外断熱の上にタイル仕上の押出成形セメント板によるカバー工法とし、東面の一部は庭の緑が映り込むミラーガラスのファサードとしました。

施設概要

建築主 千葉大学
所在地 千葉県千葉市
主要用途 大学
敷地面積 261,149㎡
延床面積 14,046㎡
構造 RC造
階数 地上5階

関連するプロジェクト

設計実績一覧