お問い合わせ
お問い合わせ

千葉大学(西千葉)理学系総合研究棟

2004年竣工

コンセプト

大学の研究棟(1953年竣工)の耐震補強を含めた全面改修です。
北側に隣接する研究棟のファサード形態を踏襲する形で、地震力を負担させる外付フレームを南北の両側に新設し、耐震性を向上させました。
外装仕上も同様に、隣接する研究棟の磁器質100角タイルとすると共に、カーテンウォールにより建物を分節することにより、軽快なファサードとしました。
実験・研究活動が充分に行えるよう、設備シャフトを内部に新設。また、各フロアには、研究者が休憩・談話などができるリフレッシュコーナーも新たに設置し、機能的かつ快適な研究棟として再生させました。

施設概要

建築主 千葉大学
所在地 千葉県千葉市
主要用途 大学
敷地面積 381,432㎡
延床面積 4,474㎡
構造 RC造
階数 地上4階

関連するプロジェクト

設計実績一覧