お問い合わせ
お問い合わせ

名古屋大学IB電子情報館

2005年竣工

コンセプト

名古屋の四谷・山手通り景観整備地区に位置し、また新設される地下鉄の駅と共に、この地域のモデル的な施設となるよう計画しました。
外観については、キャンパス中心部に向かう側は、既存建物と同様のグリッドパターンとし、中央部分及び出入口部分のみカーテンウォールを使い、工学部の先進性を表現する形態としました。またこの施設がキャンパスで最も外部との接点に近い位置にあることから、道路側は開かれた大学をイメージして、大きなガラスカーテンウォールとしました。
低層棟の屋上部分は緑化を図り、心地良い環境の創出と共に省エネに寄与する計画としました。

施設概要

建築主 名古屋大学
所在地 愛知県名古屋市
主要用途 大学
敷地面積 697,276㎡
延床面積 13,167㎡
構造 RC造、SRC造
階数 地上7階、地下1階
その他 愛知県まちなみ建築賞受賞 、名古屋市土地景観賞受賞(まちなみ部門)

関連するプロジェクト

設計実績一覧