お問い合わせ
お問い合わせ

品川区立小山小学校

2008年竣工

コンセプト

住宅などに囲まれた狭隘な敷地の中で、周辺環境に十分に配慮しながら魅力的な学習・生活環境を実現することを目的とした改築計画です。 建物は敷地南側にコンパクトに配置し、出来る限り広いグラウンドを確保すると共に、近隣やグラウンドへの日影の影響や圧迫感に配慮し、建物形状は北側を段状にセットバックする計画としました。土地を有効利用するため地下部分に屋内運動場を設け、校舎と重層化すると共に、屋上デッキや吹抜け空間等によりコンパクトでありながら伸びやかな空間づくりをしています。 学年集会から少人数授業にいたるまで、多様な学習形態に対応できるよう「のびのびスペース」を中心に設け、普通教室、オープンスペース、メディアセンターなど連続的に配置し、フレキシブルで使いやすい学習空間を創造しました。

施設概要

建築主 品川区
所在地 東京都品川区
主要用途 小学校
敷地面積 4,930㎡
延床面積 6,885㎡
構造 RC造(一部SRC造)
階数 地上4階、地下2階
その他 普通教室12CL、特別支援教室1CL

関連するプロジェクト

設計実績一覧