お問い合わせ
お問い合わせ

大阪大学フォトニクスセンター

2011年竣工

コンセプト

本施設は、吹田キャンパスのほぼ中心に位置し、光工学・先端技術分野における拠点施設となるよう計画いたしました。
基準階においては、オフィスゾーンとラボゾーンを明確に分離すると共に、構造的なオープン化を図り、将来にわたるプロジェクトの変化に対応できるものとしました。
外観計画については、東面に大型ガラスパネル及び金属パネルを用い、工学部の先進性を表現する形状としました。また、大型ガラスパネルは設備スペースの目隠しとして兼用し、内部にLED照明を採用することで、本施設のテーマである光工学を象徴したシンボリックなデザインとしました。

施設概要

建築主 大阪大学
所在地 大阪府吹田市
主要用途 大学
敷地面積 997,322㎡
延床面積 4,830㎡
構造 RC造
階数 地上5階

関連するプロジェクト

設計実績一覧