お問い合わせ
お問い合わせ

広島大学霞総合研究棟

2005年竣工

コンセプト

本建物は1968年竣工の大学附属病院病棟を耐震補強し総合研究棟にコンバージョン(用途変更)して、建物を再生しました。
構造的には、8階建ての中高層建物であり、用途変更により地震時の荷重量が増加するため、桁方向は制震工法を採用しました。また、張間方向は荷重増の低減を図るため、鉄骨ブレースを新設することで、耐震性を向上させました。
外壁改修では、既設外装材のタイルは撤去せず、アンカーピンで定着したネット張りによる吹付を採用し、残材処分が少ない環境に配慮した工法としました。

施設概要

建築主 広島大学
所在地 広島県広島市
主要用途 大学
敷地面積 142,807㎡
延床面積 9,260㎡
構造 SRC造
階数 地上8階

関連するプロジェクト

設計実績一覧