お問い合わせ
お問い合わせ

広島県立広島中学校・高等学校

2003年竣工

コンセプト

校舎棟は3階建ての低層とし、その最上階に全普通教室(30教室)をフラットに配置しています。 学校生活の中心となる普通教室が全学年同一フロアにあることで、中高校生の交流を促進し、視覚的にも一体感をもつ環境づくりを目的としました。
校舎棟内には、オープン廊下で囲まれたライトコートやウッドデッキのテラスを設けており、寄宿舎棟の間にはキャンパス全体の中心的な場所となるガーデンコートなどの多種多様な『活動』が誘発され、賑わいや静寂な雰囲気を生み出す空間を随所に取り入れています。
寄宿舎は、常時入寮者の寮室のほかに1~2週間といった一定の期間にクラス単位、学年単位で入寮できる寮室を設け、寄宿舎を活用した集団生活による教育を図ることができる施設計画となっています。

施設概要

建築主 広島県
所在地 広島県東広島市
主要用途 中高一貫校
敷地面積 71,000㎡
延床面積 校舎棟 14,844㎡ / 体育館 3,374㎡ / 寄宿舎 6,486㎡
構造 RC造
階数 校舎棟 地上3階、体育館 地上2階、寄宿舎 地上4階
その他 中学校12CL、高等学校18CL

関連するプロジェクト

設計実績一覧