お問い合わせ
お問い合わせ

徳島文理大学むらさきホール

2000年竣工

コンセプト

この建設計画は、音楽学部棟の改築に合わせて、“音楽を志す学生が本格的なコンサートホールを体験できる環境を整備したい”という理事長の発案で始まりました。
1~5階はホール部分、6階以上にはレッスン室・アンサンブル室が配置されています。構造は、遮音の目的もありホール部分はSRC造とし、6階以上をS造としています。
ホールの基本的な形状はシューボックス型で、演奏者へ反射音を返す役割を担う大型ステージキャノピーや、オーケストラを立体的に配置できる電動昇降式オーケストラ迫りを導入しています。内装は音響的には客席椅子を除いてすべて反射性で、講演会等の場合は壁上段の回転式パネルを開くことにより、吸音面が露出して残響時間を変えることができます。

施設概要

建築主 学校法人村崎学園
所在地 徳島県徳島市
主要用途 大学ホール
敷地面積 48,205㎡
延床面積 11,727㎡
構造 SRC造(一部S造)
階数 地上11階、地下1階
その他 ホール収容人数 1,314人

関連するプロジェクト

設計実績一覧