お問い合わせ
お問い合わせ

明治学院大学横浜キャンパス インターナショナルラウンジ

2011年竣工

コンセプト

本計画は、明治学院150周年記念事業である「21世紀ヘボンプロジェクト」の一環として「国際交流の活性化」を目的に計画されたものです。
インターナショナルラウンジは南門からの顔となるような空間として位置づけ、多くの学生が自由に快適に過せるラウンジ・国際色溢れるメニューを提供するカフェ・日本文化への関心を触発する茶室と庭・外国人学生受け入れと日本人学生留学の拠点となる国際交流センターから構成されており、全体としてインターナショナルな雰囲気を有する学習・交流・生活の場として計画しています。
ラウンジは、様々な活動・交流ができるようフレキシブルでダイナミックな広い空間とし、外部に対してもその活動の様子が感じられるよう開放的な空間としています。
デザインとしてはシンプルなものを追求し、素材において使用する材料をできるだけ限定するとともに、家具においてはフリッツハンセンデザインの北欧家具を採用し、明治学院大学らしい品格のある質の高い空間づくりを行っています。

施設概要

建築主 学校法人明治学院大学
所在地 神奈川県横浜市
主要用途 ラウンジ、カフェ、茶室、事務室
敷地面積 196,750㎡
延床面積 インターナショナルラウンジ 515㎡ / その他 102㎡
その他 アートディレクター 佐藤 可士和 / 武者小路千家次期家元 千宗屋

関連するプロジェクト

設計実績一覧