お問い合わせ
お問い合わせ

東京医科歯科大学医学部附属病院

2001年竣工

コンセプト

都心に立地する狭隘な敷地での3期にわたる再開発計画であり、敷地の有効利用を図るため、各部門の多層化を図り、コンパクトな高層都市型病院として計画しました。
計画に当っては、患者の立場を重視した動線の単純化、診療時間の短縮、プライバシーの保持、安全性・居住性等の確保の実現と、院内における「人間性豊かな生活」、「アットホームな生活空間」の創出に配慮しました。
外来診療部門は3層構成とし、病棟はライトコートを持つダブルコリドール形式としました。 また、バルコニー設置による安全性の確保と熱負荷の軽減を図りました。外壁は、耐久性・メンテナンス性を考慮しホーローパネルを採用し、周辺環境に馴染む色彩計画を行いました。

施設概要

建築主 東京医科歯科大学
所在地 東京都文京区
主要用途 大学病院
敷地面積 45,192m2
延床面積 94,827m2
構造 S造、一部SRC造
階数 地上17階、地下4階
その他 病床数 800床

関連するプロジェクト

設計実績一覧