お問い合わせ
お問い合わせ

東京大学新領域研究実験棟

2003年竣工

コンセプト

施設はプラズマ理工学実験室、高エンタルピー実験室など性格の異なる大型の特殊実験機器を有する実験室により構成される。そのため、機能性、利便性の面で平屋に近い建物が理想とされたが、敷地の有効利用を考慮し、比較的軽量の実験室を積層化した2層構成の建物とした。
また、ニーズの変化に対応できる可変性と更新性を兼ね備えつつ、利用者のリフレッシュスペースのアメニティー性を確保した計画とした。

施設概要

建築主 東京大学
所在地 千葉県柏市
主要用途 研究所
敷地面積 237,452m2
延床面積 5,860m2
構造 SRC造(一部S造)
階数 地上3階

関連するプロジェクト

設計実績一覧