お問い合わせ
お問い合わせ

生駒市立生駒北小中学校

2017年竣工

コンセプト

生駒市北部の1小1中の統合により誕生した施設一体型の小中一貫校です。
南側に普通教室、北側に特別教室、その結節部に学びの核としてのメディアセンターを設けた中庭を囲む回遊型プランによる明快な施設構成とし、管理諸室と地域開放諸室は1階にまとめて配置することで、安全性と利便性、災害時の避難所機能の向上に配慮しました。
学習・生活拠点の充実を図るため、児童の成長と授業形態の変化に応じた普通教室の整備や電子黒板の導入、中1ギャップの解消に配慮した教室配置としました。また、特別教室まわりには教科への好奇心の誘発を図った教科メディアスペースを設けています。交流空間としては学校の中心にホールとしての利用も可能な大階段を計画することで、交流の促進と一体感の創出を図りました。
県産木材や校区の伝統産業に由来する地場産竹材の利用により地域らしさと温かみのある空間を創出しています。また「環境モデル都市・生駒」にふさわしい学校として、片廊下型の回遊型プランによる自然採光・自然通風しやすいパッシブな建物とし、太陽光発電(80KW)や地中熱利用床暖房など様々な手法を採用し、学校施設のゼロエネルギー化を目指しています。

施設概要

建築主 生駒市
所在地 奈良県生駒市
主要用途 小学校、中学校
敷地面積 19,076㎡
延床面積 6,422㎡
構造 RC造
階数 地上3階
その他 撮影 エスエス大阪

関連するプロジェクト

設計実績一覧