お問い合わせ
お問い合わせ

福島市国体記念体育館

1994年竣工

コンセプト

本施設は、国民体育大会のメイン会場として、また、国内各種大会、国際大会にも十分対応できる規模とし、併せて市民スポーツの振興を目指し、コミュ二ティスポーツ活動の核となる機能をも備えた総合体育館として計画しました。

河川敷公園のメインアプローチとして正面性の演出を図り、一帯が都市公園として機能するよう配慮し、利用者相互の交流、余暇休暇、生涯学習活動の拠点となるようにしました。大きな勾配屋根と雁木を持った建物とすることにより「吾妻・安達太良山系」の山並みの背景の中に溶け込ませ、周辺町並みの景観にも馴染ませるよう配慮し計画しました。内部は安全性、利便性を重視し、各種動線の単純化、短縮化を図りました。

施設概要

建築主 福島県
所在地 福島県福島市
主要用途 体育施設
敷地面積 16,000㎡
延床面積 9,854㎡
構造 RC造(一部S造)
階数 地上3階
その他 福島県建築文化奨励賞

関連するプロジェクト

設計実績一覧