お問い合わせ
お問い合わせ

筑波大学高精細医療イノベーション棟

2015年竣工

コンセプト

南側に研究室、北側に実験室をまとめた中廊下刑プランの新薬創出を目的とした実験・研究棟です。
エントランスホールは2層吹抜けのなかに象徴的な曲線階段を設け、ギャラリーとしても利用可能な共用部として計画しています。
研究室のある南側フアサードは、周辺の緑と調和する木調の縦ルーバーにより西日の日射抑制を図り、省エネとデザインの融合をめざしました。
北側の実験室はロングスパン(14m)を採用することで、無柱空間の大きな実験スペースを確保すると共 に、逆梁の採用(ダクト等の梁貫通の制約の縮小)や外部のメカニカル・シャフトにより、実験内容や設備 システムの変更・更新がフレキシブルに対応可能な計画としています。

施設概要

建築主 筑波大学
所在地 茨城県つくば市
主要用途 大学
敷地面積 113,620㎡
延床面積 6,088㎡
構造 SRC造
階数 地上5階

関連するプロジェクト

設計実績一覧