お問い合わせ
お問い合わせ

千葉県立印旛明誠高等学校

2010年竣工

コンセプト

本校は、進学重視の単位制高校として、世界に羽ばたく若者を育て、地域との共生を目指したパイロットスクールとして整備された高校です。
明快なゾーニングを行うと共に、単位制高校として移動のしやすさに配慮した、回遊性のある動線計画とし、分かりやすく使いやすい建物としました。
建物中央部に吹き抜けを持つ階段状の空間や様々な教科のメディアコーナー・ラウンジなどをその周辺に設け「メディアコート」として整備し、学校に一体感をもたらし、様々な情報に触れられ、自らの学びと活発な交流を促す学習・情報・交流・生活の核として計画しました。また、建物は長寿命建築を目指し、階段や設備コア等を中央ゾーンにまとめ、南北のゾーンは現場緊張型プレストレスコンクリートによる大スパン構造とし、フレキシビリティーが高く、将来の教育内容の変化に対応できる計画としています。

施設概要

建築主 千葉県
所在地 千葉県印西市
主要用途 高等学校
敷地面積 38,000㎡
延床面積 10,564㎡
構造 RC造(一部S造)
階数 地上4階
その他 普通教室12CL

関連するプロジェクト

設計実績一覧